スウィングバナー

通常のぼりを超えるインパクト!
スウィングバナーは販売促進やスポーツなどのイベントに最適です!

スウィングバナー

従来ののぼり旗よりも訴求力UP!

通常ののぼりと違い、スウィングバナーは上部がアール(弯曲)になっている為、見る人に強い印象を残します。また、袋縫加工の為ポールが見えず、すっきりとスタイリッシュな仕上がりとなります。

専用ポールのR部分はポリカーボネート製で、強度としなやかさを両立させ、シンプルで独創性あるスタイルを実現します。

従来ののぼりよりもデザインの幅が広く、スウィングバナーはファーストフード店、カーディーラーやアミューズメント施設はもちろん、イベント会場やレストランなど様々な場所で使用されています。

一味違った形のスウィングバナーでのぼり旗を一新しませんか?

性能グラフ


スウィングバナー参考価格

スウィングバナー本体、専用ポール、スタンドの10セットご発注の場合

(※A~Dは16リットル、E・Fは20リットルの注水台をセットにした場合の税抜料金となります)

スゥイングバナー価格表

スウィングバナーはお見積もり対応となりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
激安価格でご対応させていただきます!

お見積もりはこちらから

スウィングバナーサイズ一覧

スゥイングバナーサイズ表 スゥイングバナーサイズ表

当社では、スウィングバナーの様々な用途や設置箇所に合わせ、6種類のサイズを扱っています。Bタイプがレギュラーのぼり、Dタイプがジャンボのぼりに近いサイズになっております。サイズ展開の多さはスウィングバナーが屋外・屋内問わず様々なイベントで使用される理由の一つでもあります。

データ作成用のテンプレート DL

スウィングバナーの部材(専用ポール)

スゥイングバナー専用ポール

スウィングバナーの部材(スタンド)

11ℓ注水台スタンド 16ℓ注水台スタンド 20ℓ注水台スタンド

スウィングバナーの生地について

ポンジ生地でお作りします。

スウィングバナーはポンジでの製作となります。
のぼり旗に使用される定番の生地で、風になびくように軽いのが特徴です。しなやかな薄めの化学繊維でインクの裏抜けに優れています。

生地の無料サンプルはこちらから

スウィングバナーの印刷方法について

印刷は昇華転写印刷です。

現在主流のダイレクトインクジェット方式のプリントです。
製版代がかからない為、低コストでフルカラー印刷が可能です。 1枚から100枚程度の生産時に最適なプリントです。

※ご注文の枚数やデザインによってシルク印刷になる場合がございます。

スウィングバナーの防炎加工について

スウィングバナーに防炎加工ができます。

防炎加工とは、火災の初期段階で燃え広がる原因にならないよう燃え広がりにくくする加工です。着火しても燃え広がらず自然に消化します。 防炎ラベルを付することのできる企業は、消防庁長官によって「登録表示者」として登録を受けた企業に限られています。

※お見積もり時に防炎加工ご希望の旨をご記載ください。

スウィングバナーはお見積もり対応となりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
激安価格でご対応させていただきます!

お見積もりはこちらから

スウィングバナーの取り扱い注意点

電柱への接触に注意してください。

特に大型のスウィングバナー(当社ラインナップのEやF)などは高さが最大4.3メートルにもなりますので、電柱や電線への接触に注意し、設置願います。 スウィングバナー設置の際は周囲の施設などに十分配慮し、使用しましょう。

強風の日はご使用をお控えください。

これはスウィングバナーに限らず、全てののぼり旗は強風時に屋外に設置すると破損の恐れがあります。 また、折れたポールや本体が周囲の人や施設に接触するなどの、二次災害の危険もあります。 スウィングバナーやのぼりを長く使用するためにも、強風時のご使用は控えましょう。

設置環境に配慮しましょう。

スウィングバナーはスタイリッシュな形と、遠くからも一目瞭然なサイズが魅力の反面、設置場所や位置によっては通行人の妨げや接触の危険もあります。 周りの安全に十分配慮し使用しましょう!オリジナルのスウィングバナーでレッツ販促!!

スウィングバナーに関してよくあるご質問

Qどんなサイズでも作れますか?

Qのぼり旗用のポールで設置できますか?

Q1枚からでも作れるのでしょうか?

Qスウィングバナー用ポールのセットは難しいですか?

Qスウィングバナー専用のスタンドが必要ですか?

Qポンジ以外の生地で作れますか?

Q防炎加工は出来ますか?

納期・お支払い方法

スウィングバナーお支払い方法に関しての納期・お支払い方法は「ご利用ガイド」をご確認ください。

ご利用ガイドはこちら

スウィングバナーはお見積もり対応となりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。激安価格でご対応させていただきます!

お見積もりはこちらから

のぼりデザインのポイント

①メインタイトルコピー

もっとも伝えたい事を一番大きく配置。
文字の代わりに商品写真をメインに据える場合もあります。

②キャッチコピー

メインタイトルコピーの補足文章。
見た人を惹き付けるような一言を付け加える事で、訴求効果がUP!

③デザインの背景色

全体の雰囲気を決める重要な部分。
設置される埋もれることなく、タイトルの色と異なる目立つ色が最適。

④商品写真やイメージ画像

商品紹介を行うのぼりでは、商品の写真やイメージ画像を入れることで情報が伝わりやすくなります。

⑤情報元、連絡先

店名や電話番号を記載することで来店動機や問い合わせに繋げます。

効果的なのぼりの設置方法について

のぼりの設置枚数について

当社では1枚からでもご注文は受付できますが、同じデザインののぼりを多数配置するとお店全体に統一感が出て訴求力がより高まります。

のぼり多数配置イメージ

のぼりの色の配置①(複数色)

同じ内容でも旗の色を複数に組み合わせるとにぎやかな印象となります。
華やかさを演出でき、アピール力も高まります。

華やか、アピール力のぼり旗イメージ

のぼりの色の配置②(同系色)

同系色のデザインでありながら内容違いで並べれば落ち着いた雰囲気ながらも訴求力UP!
お店のイメージカラーをモチーフにする等でイメージの統一感を伝えることもできます。

同系色のぼり旗イメージ

のぼり用語集

チチ/チギリ

のぼり旗とポールを繋ぐための左右どちらかの辺と上の辺につけられる白いわっかのことをチチ、もしくはチギリと言います。当社では標準仕上げとなっており料金に含まれています。色は白色で、等間隔に並びそれが、動物の乳のようだったことが由来と言われています。

シルク(シルクスクリーン)印刷

1色ごとに「版」を作成し、印刷面に直接インクを刷り込む印刷方法です。大量枚数や広範囲への印刷に適していて、のぼりやバナーでもポピュラーな印刷方式です。シルク印刷は水と空気以外なら印刷出来ると言われている反面、グラデーションの再現や写真の再現はあまり向いていません。

昇華転写印刷

ダイレクトインクジェット昇華プリンタという印刷機を使用し、専用の紙とインクで印刷した紙を熱転写し印刷面に定着させる印刷方式です。小ロット、短納期に適しており、当社でもメインとなる印刷方法です。

注水台

のぼり旗を設置するのに必要な、ポールを支える台(スタンド)のこと。設置の際は中に水を入れて使用することからこう呼ばれています。材質はPE(ポリエチレン)製で、耐久性のある作りとなっています。

その他の用語はこちらから

ご不明な点はお気軽にご相談ください!

営業時間(平日)
10:00~18:00

0800-800-2206



PAGE TOP